FC2ブログ
2013/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
イタキスで気になった事
あと残すは1話だけとなりましたね。
イタキス1


それで、いままでの感想と言っては大げさですが

気になった点を書いてみます。

まず、昨日の15話ですが、なんだか中国の人達でも

喧々囂々?になっているようですが、入江君が沙穂子さんと

婚約しちゃいましたが、う~んどうなんでしょうか?


結末は分かっているので尚更この展開からどうやって

ハッピーエンドにもっていくのかが心配。

微博や、百度では、入江君のこと”かす男”と言い

琴子に金ちゃんとこのまま結婚しちゃえ!と書いてあって

笑ってしまいました。

でも、正式に婚約したのに、それを断るなんて、沙穂子さん

も可哀想ですよね。

嫌みのない大和撫子的な彼女に同情が集まるし、尚更

入江君に非難が集まると思うんですよね。世間の常識を

分からない入江君って設定?

自分勝手に婚約破棄された場合の女の子の気持ちがどんなに

辛いのか。だから中国の人にも共感出来ない設定になって

しまったのですよね。

これで、来週の最終回を見た中国の人達がどんな反応をするか

でちょっと怖い。古川君のFMが荒れないと良いけどね。


そうそう、それと、このドラマでは、行儀作法にも???の

ところが多々見受けられます。

まあ、現代はそんなこと言わないでも良いのかもしれませんが

せめて最低限のマナーはね。

例えば、今回の15話では、琴子が食事中に会長に話しかけ

られた時、口に食べ物を入れたまま返事は無いよね。

すばやく飲み込んでから返事をすべきだよね。

監督とかそれなりのお歳?なのでその辺の設定の注意は必要では?

目上に対しての礼儀でしょ。

あっ、それと、このシーンで入江君が会長と沙穂子さんを

呼ぶのは残酷ですよね。琴子ちゃんに見せつけて引導を

渡したかった?のかもしれないですけど、こんな設定は

良くないですよ。監督や脚本家に文句言いたい。

実際あの場面で座席を会長達に奪われた琴子が座るところが

無くて、椅子を取りに行った所は、おばさんも気を遣ってよ、

って突っ込んだ。琴子可哀想だよね。でもそんなそぶりを

しなかった琴子の設定もおかしい!もっと悲哀を表現すべき。

監督さ~ん、もっと物語を練ってね。汗



入江君も、役柄なのか、いつもポケットに手をいれて話す癖は、

見ていて時と場所を選んだら?と突っ込みたくなる。

それから、結納の場面も、沙穂子さんは、大会社の会長の孫の設定なの

だから、仲人くらいはいるでしょ! いたら、あの場を仕切るのは

仲人さんでしょ!笑
イタキス結納 

とにかく、このドラマでの会長の設定があまり軽すぎる気が

します。以前のホテルでの見合いの時も、沙穂子さんが座る時、

椅子を会長自身が引いていた。普通、大きなホテルなら、ボーイ

さんや、女性職員みたいのがいて、接待するでしょ!
イタキスお見合い


とにかく、こんな具合で低予算なので仕方ないのでしょうけど

もう少し設定をどうにかして欲しい。笑

財界での大物会長という設定だからこそ、その孫娘との縁談を

決めて、会社を建て直そうとしている入江君なのだからね。

どうやって、それを影響無く破談に出来るのだろうか?ね!

設定次第では、反感を買いそう。実際、監督の微博では、監督の

物語の設定が悪いと言うよな書き込みがちらほらありました。

炎上しないと良いのですが。



なんか、色々と書いたけど、結局はこのドラマ私は、

好きなんですよね。

だから、こうやって惜しい場面があるのが

悔しい!笑


最後に来週の展開ですが、大和撫子の沙穂子さんが、二人の

気持ちを知って、身を引くという展開が一番自然でしょうね。


確か、台湾版がそうだったような?


入江君もある意味沙穂子さんに言われて自分の気持ちに素直

になって決心がつくような気がします。
沙穂子さんが会長も

説得するのかな? 

とにかく沙穂子さんは、物わかりの良すぎる役の

設定のような気がします。笑 日本人ならそういう設定でも

理解されるでしょうけど、中国や海外の人にそういう設定が

受け入れられるか心配です。


あっ、そうそう、百度の書き込みで、最後に二人の結婚式場面は

あるかな?という質問に、15話で結納のシーンにお金をかけた

から、結婚式シーンはないかも?って回答していて、思わず

笑いました。中国の人も、このドラマが低予算だと知っているの

ですね。笑笑






スポンサーサイト